プラスチック切削加工・アッセンブリはお任せください

大手一部上場メーカー様・航空宇宙業界様・国の研究機関様などからの高度なご要望に応え続けてきた 50 余年の自信。

名西には 30 年以上、この道一筋で心と技術を磨いてきた一流のスペシャリスト達がおります。

だからこそ、お客様の想いを誰よりも理解し、くみ取り、想像移動の製品へと具現化する事ができると自負しております。

個からの小ロットでも、誠実に、迅速に、そして最高の品質とアイデアを以て必ずお応えします。

感染防止アクリルマスク

名西経営哲学:一流の技術の前に、一流の心がある。

名西には、航空宇宙業界や、国の研究機関からも依頼を頂く、超高度な反り制御技術、3D プリンターでは実現不可能な極めて高い寸法精度技術など、50余年に渡り積み上げてきた一流の技術があります。

しかし、私たちは、

「心が技術を超えない限り、技術は生かされない」という信念を持っています。名西では、これまで徹底して社員の心の教育に取り組んでまいりました。
その磨き上げた心こそが、技術に魂を与え、そして、ただモノを作るだけの会社ではなく、モノを創るサービス業へと進化・深化を遂げる礎になってくと考えています。

「仕事とは、求めるものではなく100% 与えるもの」。

それを「名西プライド」へと昇華させ、社員全員で魂を込め、日々研鑽を積んでおります。

>>詳しくはこちら

5Sの徹底:最高の品質と最短の納期は、最良の環境から生まれます。

名西株式会社では、5S活動を徹底しています。

「凡に徹して、非凡に至る」という教えを大切に、当たり前の事を当たり前以上に徹底し、習慣化する事を全社あげて長年取り組んでいます。
「割れ窓理論」にもあるように、乱れた環境下では、技術者の心が乱れ、それがモラルの低下、品質の低下、トラブルの発生などが生じる原因となってしまいます。

「善因善果・悪因悪果」。

美しい、一切の乱れのない環境を維持・向上させる事で、技術者の心が乱れず、感謝の心を育み、それが「高い品質の製品を圧倒的短納期」にて大切なお客様の下へお届けできる礎になると考えています。

長年培った技術力と高い基本力を通じ 、既存製品のVA提案など 、お客様の製品を、より軽く、より強く、より安く、より価値ある製品への改善のお手伝いを承っております 。

お客様の課題解決と理想実現のためのすべてが、名西株式会社にはあります。
是非、名西株式会社にお任せ下さい 。
お問い合わせをお待ちしております。

サンプル製作・小ロット大歓迎です!

経験豊富な製造の担当者が直接打ち合わせにお伺いして、お客様のご要望をお聞きします。
サンプル製作はもちろん、1個からの小ロットのご依頼もお受けいたします。
まずはお問い合わせください。

>>詳しくはこちら

切削加工から異素材との組み立てまで

すべて受注生産製図もお任せください

メディア掲載情報

2018年2月1日中部経済新聞掲載

2018年2月1日発行の中部経済新聞の「達人」特集で、弊社「生産技術部長:長谷川政樹」を取り上げて頂きました。

長谷川は18歳で入社し、以来37年間、プラスチック加工の世界でひたすら腕を磨いてきたまさに「達人」です。
どれだけ機械が高度化しようとも、深い経験からの「洞察力」や「直観力」までは真似できないと言われています。
一緒に仕事をしていると、その意味の本質に気づく事が度々あります。

今は、工場内での製品づくりだけでなく、お客様への提案営業、次世代への技術継承と、未来へ繋ぐ仕事に取り組んでくれています。

長谷川の営業での信念は「お客様の理想を必ず具現化する」こと。

プロフェッショナルとしての誇りをベースに、徹底的にお客様の「理想」に耳を傾け、実現可能な形へと導いていくその姿は、若手メンバーの目指すべき未来を示してくれています。 是非、何でもご相談ください!

「達人長谷川」がお客様の想いを必ず具現化してみせます!

2020年3月3日日刊工業新聞掲載

2020年3月3日の日刊工業新聞に、名西株式会社の「ベトナム人管理職登用」の取り組みを掲載して頂きました。
名西では、2016年度よりベトナム人女性技能実習生の採用に力を入れており、社長の朝比自ら現地へ赴き、厳選採用を行ってまいりました。
その中からこの度、ベトナム人初の管理職(課長職)の登用が実現しました。

現在名西株式会社では、10名のベトナム人女性が活躍してくれております。高い向上心と、女性ならではの責任感と 繊細さ、信頼関係に支えられたチームワークは、名西に大きな価値を生み出してくれています。

日本人社員と一切区別せず、弊社技術部長の長谷川が徹底して「技術」を研修し、社長の朝比は「わが子」同然に愛情を注ぎ、一日も欠かさずに全ベトナム人実習生と「交換日記」を続ける中、その想いに応えるよう、素晴らしい成長を遂げてくれました。

この度、ベトナム人初の管理職となった「チャン・トゥイー・ニュー」は
「難しいことに挑戦できるのが楽しい。責任感を持って頑張りたい。」
と目を輝かせて話してくれます。ベトナム人実習生からの信頼も高く、新たに入社されたベトナム人実習生への指導及び管理もしてくれています。

グローバルなダイバーシティが求められる時代。
名西株式会社は、クライアント企業様に、最高の付加価値を提供し続けられるよう、グローバルに「良い人財」を採用し、育成し続けてまいります。

2021年5月20日日刊工業新聞掲載

日刊工業新聞<生産現場のダイバーシティ>に、
名西株式会社の「ダイバーシティ」に関する取組みが特集されました。

2016年度より、ベトナム人技能実習生の採用を開始し、
何事にも真面目に、
忍耐強く取り組んでくれるベトナム人従業員の姿勢と努力を
より明確に評価してあげたいという想いから、
ベトナム人従業員向けの明確なキャリアパス制度の運用を開始しました。

スペシャリストとして加工スキルを極めていく「エンジニアコース」と、
ゼネラリストとしてマネジメントスキルを極めていく「ゼネラリストコース」を設け、
現在スペシャリストコースでは「チーフエンジニア職」
ゼネラリストコースでは「課長職」のベトナム人従業員が活躍してくれています。

今後も、会社としてのダイバーシティ能力を高めていき、
より一層お客様のお役に立てる強い人づくり・会社づくりに努めてまいります。

名西株式会社の新着情報

樹脂加工をするうえで、どうしても避けて通れない問題が、製品の「反り」です。

近代日本経済の父と呼ばれた「渋沢栄一翁」は、大蔵省を辞めて間もないころから死去するまで50年以上にわたり、養育院の院長として尽力された方でもあります。

「謙虚にして驕らず、更に努力を。」 聖賢からの学びを通じ、つくづく「手法」の前に「心」がある。という事を胸に刻んでいます。

平素は格別のお引き立てにあずかり厚く御礼申し上げます。

名西株式会社のプラスチック・ゴム製品情報

名西株式会社の設備情報

名西株式会社の会社概要

名西株式会社へプラスチック・ゴム製品加工、組付けお見積り依頼お問い合わせ