名西株式会社会社概要

経営理念

品格ある行動 上質人生りましょう

経営方針

礼儀礼節とおもてなしの 一品一品えて

ごあいさつ

50年の歴史を支えてきた
女性経営者ならではの
明るい雰囲気と
細やかなサービス

名西株式会社は、父、石川圧彦が昭和41年、日本でプラスチックが本格的に工業化されて間もなくの頃に開業し、今年で創業50年を迎えます。
父は経営者として実に厳格で正しい人でありましたが、ひとりの人間としては、心優しいユーモアあふれる愉快な人でもありました。

あらゆるすべてのことに、まず感謝。父の意志を受け継ぎ、多くのお客様に支えていただき、生かさせていただいているこの幸せに日々感謝し、「私らしく」親しみをもって接していただける経営者でありたいと願っております。

会社の発展は、社員一人一人が立派に仕事を果たせるかどうかにかかっています。
その前提には、人間としての高い品格、それを支えるのは「礼儀礼節」と「おもてなしの心」であると考え、日々、社員全員一心に自らを高める努力と共に、その思いを一品一品の製品に込めております。
全社一体となり、確かな技術とそれを支える細やかなサービスで、名西株式会社の「心」を、お届けしたく思っております。

名西株式会社代表取締役社長:朝比美和子

名古屋名南ロータリークラブ
2018-2019年度 会長

次世代への貢献

この世界のより未来に、どう貢献するか?

ベトナムの研修生を受け入れ

会社の経営を長く続けていく中で、心より感じる事。それは「生かされている」事への感謝です。いつしか、返しきれない程頂いた御恩を、次世代に恩送りする事への責任を、強く感じるようになりました。

次世代に残すべきもの。それは「人財」。
家族の、会社の、地域の、国の、そして世界のより良い未来を創る「人」を育成する事こそ、一番の貢献と考えるに至りました。

グローバリズムとは「この世界のより良き未来に、どう貢献するか?」と考えております。
名西では、その一つの取り組みとして、ベトナムにおいて、母国の発展のために貢献したいと考えている優秀な若者を受け入れ、日本の文化風土が築き上げてきた「礼儀礼節」「おもてなしの心」、それを礎とした「技術」を伝え、母国の発展に寄与する人財創りに挑戦しております。
しかし、名西に入社してくれたベトナムの若者達は、私たちに、多くの日本人がいつの間にか失ってしまった「謙虚さ」「素直さ」そして「未来への真っすぐで純粋な思い」をその働く姿を以て教えてくれました。
不思議なものです。「与える生き方」をしたつもりが、また「与えられている事」に気づく。

これからも、名西は、尽きない感謝の恩送りとして、次世代の人づくりに取り組んでまいります。

2020年4月現在、
10名のベトナム実習生が大活躍してくれています。
写真は左から ロアンさん、ニュウさん、
ヒエンさん、ムイさん、チイさん

会社概要

名称 名西株式会社
住所 愛知県あま市甚目寺桑丸53番地1
TEL 052-442-7117
FAX 052-442-0006
創立 昭和41年8月(法人設立/昭和44年5月)
資本金 1,000万円
代表取締役 朝比 美和子
従業員数 21名(令和2年度)
事業内容 プラスチック・ゴム・金属・異素材製品の企画提案・製作・加工

【素材】
塩化ビニール、アクリライト、ABS、ポリカボネート、その他エンジニアプラスチック
【製品】
板加工、工業用部品、電機部品、機械部品、自動ラインパレット、半導体及び液晶板製造装置部品

アクセス

●名鉄津島線「甚目寺」駅より
徒歩13分(1.1km)

●名古屋第二環状自動車道
「甚目寺南I.C」「大治北I.C」より約4分

名西株式会社へお車でお越しの方へ、駐車場があります。

沿革

昭和41年8月 石川圧彦(創業者)が名古屋市西区市場木町にてプラスチック加工工場を始める
昭和42年8月 工場拡張につき、「名西プラスチック工業所」へと名称変更
昭和44年5月 名古屋市西区市場木町290番地にて「名西プラスチック工業有限会社」を設立
昭和55年8月 業務拡張の為、本社工場増築。ディスプレイ業務拡張の為、第2工場設立
昭和58年4月 営業・企画部門として、本社内に「名西株式会社」を設立
昭和59年7月 名古屋市西区玉池町259番地にて、玉池工場設立
平成8年2月 商法改正に伴い「名西株式会社」と「名西プラスチック工業有限会社」を合併
称号を「名西株式会社」に変更。資本金を1,000万円に増資
平成9年2月 名古屋市西区こも原町43番地にて、こも原工場設立
平成13年8月 現在地 愛知県あま市甚目寺桑丸53番地1に新工場設立
業務効率化の為、全体制を新工場にて一本化する
平成19年4月 石川圧彦が取締役会長、朝比美和子が取締役社長に就任
平成24年4月 プラスチック・ゴム・金属・異素材のアッセンブリーに着手する
平成25年1月 本社工場を増設(機械増設)
平成28年10月 ベトナムより実習生3名を受け入れ
平成29年2月 中部経済新聞「達人」に掲載
平成29年6月 本社工場を増設(機械増設)
平成29年10月 ベトナムより実習生2名を受け入れ
平成30年2月 日刊工業新聞「町工場のひみつ」に掲載
平成30年6月 本社工場を増設(機械増設)
平成30年8月 本社工場を増設(機械増設)
平成30年10月 ベトナムより実習生2名を受け入れ
令和元年7月 ベトナムより実習生3名を受け入れ
令和元年9月 ベトナムより実習生3名を特定技能生として再受け入れ
令和元年10月 投影検査機を導入
令和元年12月 複合旋盤機を導入
令和2年3月 日刊工業新聞に掲載
サブコンテンツ

お見積り依頼お問い合わせ